日本アルプスの野生動物観察

日本は生物多様性のホットスポットです。
日本列島は四方を海に囲まれた環境をはじめ、様々な条件から、ここでしか見られない生きものが数多く生息しており、
実に脊椎動物種のおよそ4分の1は固有種と言われています。※①。皆さんよくご存じのニホンザルもその一つ。

日本アルプス山域にも哺乳類だけではなく、絶滅が心配される数多くの動植物達がいて、自然の中で私たち人間と共生しています。
日本アルプスの魅力は、単に山に登り、素晴らしい景色を見る事だけではありません。

そこに棲むいきもの達のことを知り、彼らともし出会うことができたなら、それは日本アルプスにおける自然の営みをより深く理解する大切な出会いのひと時となるはずです。
ここでは主に哺乳類や鳥類、鱗翅類などを取り上げてご紹介し、このエリアで観察し触れ合うことができる機会をご紹介してまいります。

※①生物多様性ホットスポット(コンサベーション・インターナショナル)

日本アルプス山域といきものたち

山、と一言で言っても日本アルプスの山域には様々な山の環境があります。

その山の環境によってもちろん植生も違いますし、活動する動物や鳥、蝶なども様々。

簡単には逢うことができない「日本アルプスのいきものたち」それだけに出会った時の喜びはひとしおです。

【山地帯と植生】

高山帯:おおよそ2,500m以上の高地で、いわゆる森林限界を超えた場所となり、植生はハイマツや限られた草花となります。

亜高山帯:おおよそ1,500m~2,500mの間の高地で常緑針葉樹のシラビソや広葉樹ではカンバ類が多く見られます。

山地帯:おおよそ500m~1,500mの広大なエリアで植生は広葉樹のカラマツやブナ、ミズナラなどが多く見られます。

低地帯:500m以下でクスノキなど照葉樹林帯が多く見られます。

MENU