【CONTENTS】ライチョウ保全への参加

ライチョウサポーターズ

足環情報を提供してください。足環で個体識別をして移動状況や寿命などを調べ、保全事業に活用しています。
「ライチョウサポーター」で検索

いきものログ(生物多様性センターホームページ)

環境省をはじめさまざまな組織や個人のみなさんが持っている生きもの情報を集積して、提供するシステムです。みんなで生きもの情報を報告して、全国のいきものマップをつくりましょう。
「いきものログ」で検索

参考図書

「ライチョウを絶滅から守る!」
中村浩志・小林篤 著
発行:株式会社しなのき書房
ライチョウ研究の第一人者・中村浩志氏と小林篤氏の著書です。ライチョウの生態を知りたい人にはお勧めの一冊です。
「雷鳥〜Messenger from God, who wearing scenery〜」
雷鳥写真家・高橋広平氏がまとめた一冊。厳冬期を含めたフルシーズンのライチョウの生態をまとめた写真集。取り扱い先は高橋広平ホームページ内に掲載 
http://kouheitakahashi.com/shops.html

ライチョウを守ることは、私たちの暮らしを守ること

多様な生物の絶妙なバランスにより支えられている私たち人間の暮らし。そのつながりは高山の生態系を代表するライチョウも同じです。人の生活の変化がもたらした里山の生態系の乱れは、ライチョウをも追いつめています。ライチョウを守るために生態系の調和を求めることは、人の暮らしを守ること、そしてそれは地域の宝となって私たちの心の支えにもなっていきます。

いきものログのHP。ユーザ登録をすると、報告や調査への参加など、いきものログのさまざまな機能を利用することができる。

高橋さんの写真集の表紙。英語の副題は「四季を纏う神の鳥」という意味。

人里を眺めるライチョウ。人間がその営みを始める前から、彼らはその変遷を見てきたことだろう。