白馬岳 登山ルート

蓮華温泉ルート

蓮華温泉~白馬大池~白馬岳~雪渓取付点~猿倉

技術レベル: C
体力レベル: 5
難易度: ★★★

秘境の温泉宿からスタートする白馬岳縦走の旅。天狗ノ庭から白馬大池にかけては、さまざまな高山植物が存分に楽しませてくれるはずです。                                                             ※雪渓の登山(下山)には真夏でもアイゼンが必要です。

●登山データ

日程: 1泊2日
歩行時間: 10時間15分(登り: 6時間30分、下り: 3時間45分)
歩行距離: 15.6 ㎞
登り累積標高差: 1,696 m

蓮華温泉

標高 1,470m

↓ 1時間40分

天狗ノ庭

標高 2,093m

↓ 1時間20分

白馬大池

標高 2,380m

↓ 2時間

小蓮華山

標高 2,766m

↓ 30分

三国境

標高 2,751m

↓ 1時間

白馬岳

標高 2,932m

↓ 1時間25分

葱平

標高 2,290m

↓ 1時間30分

白馬尻

標高 1,250m

↓ 50分

猿倉

標高 1,230m

ルートガイド

野趣あふれる野天風呂が人気の蓮華温泉。登山口に建つ蓮華温泉ロッジ前からスタート。ほとんど平坦な道から尾根の先を左側に乗り越すようにして進みます。深い樹林帯を抜ければ天狗ノ庭に到着します。ムシトリスミレやハクサンシャジンが見られ、カラマツが点在しています。雪倉岳や朝日岳の山姿に目を奪われてしまうはずです。

ここを過ぎると、少しずつ高度が上がっていきます。樹木のない一直線の道を登るようになると白馬大池山荘に到着。小屋の前にテントサイトが広がり、高山植物がきれいなオアシスです。

ここから雷鳥坂と命名された道に取付きます。時々ライチョウが姿を現す道です。船越ノ頭で立ち休みをしたら、ガレ気味の道を辿り小蓮華山へ。頂上に鉄剣が刺さった小蓮華山を過ぎると白馬岳が見えてきます。三国境で右に道が分岐します。朝日岳方面へ行く道です。最終的には日本海沿いの親不知に到達しますが難路が続きます。ここから白馬岳山頂までは1時間。山頂が近くなるに連れ、白馬岳の南側に広がる山並みが見えてきます。目の前に多くの登山者が見えてきたら、そこが白馬岳の山頂。迫力のある展望を満喫しましょう。今日の宿は白馬山荘か白馬岳頂上宿舎。テントサイトは白馬岳頂上宿舎にあります。 
  
最終日は有名な白馬の大雪渓を下ります。避難小屋辺りから雪渓に取付く地点までは下り勾配が強いので十分に注意しましょう。雪渓は1時間30分ほどで下ることができます。アイゼンを使ってください。更にできればダブルストックで下るとスムーズです。赤い線から外れないことと落石に注意しながら下ることだけを考えましょう。下り着いた地点からわずかな時間で白馬尻に到着します。そこから猿倉までは林道のような道を歩いて50分ほどです。