八ヶ岳連峰-蓼科山 登山ルート

七合目ルート

①七合目登山口~馬返し~将軍平~蓼科山~将軍平~馬返し~七合目登山口

技術レベル: B
体力レベル: 2
難易度: ★

緑濃い登山道から、蓼科山の特徴でもある堆積した大小の岩の上を歩く変化に富んだコース。
2軒の小屋がありますが、日帰りで歩くことができます。

●登山データ

日程: 日帰り
歩行時間: 3時間45分(登り: 2時間10分、下り: 1時間35分)
歩行距離: 5.0 ㎞
登り累積標高差: 537 m

七合目登山口

標高 1,900m

↓ 20分

馬返し

標高 1,960m

↓ 1時間10分

将軍平

標高 2,353m

↓ 40分

蓼科山

標高 2,531m

↓ 30分

将軍平

標高 2,353m

↓ 50分

馬返し

標高 1,960m

↓ 15分

七合目登山口

標高 1,900m

ルートガイド

スタート地点の七合目登山口には駐車場と休憩舎、トイレが設けられています。鳥居をくぐって登山道に入ります。明るい道で、さわやかな森の中を歩いている気分に浸れるはずです。10分ほど歩くと少しずつ登り勾配になります。馬返しを過ぎると足元の石は不揃いの大きさになります。2歩先、3歩先に足を置く場所をシミュレーションしながら歩くように心がけましょう。天狗の露地からは立ち休みを繰り返しながらの登りになります。浮いた石も多いので要注意です。「滑落注意」と書かれた看板に思わず、「そうだよね」と言ってしまう登山道です。上方が明るくなれば蓼科山荘が建つ将軍平に到着。

将軍平でひと息入れたら山頂に向かいましょう。樹林帯に延びる石が堆積した道です。しかも、大きな石なので両手両足を総動員して登るようになります。短いクサリが張られた箇所がありますが、ここは使わずにクリアできます。

通常、こうした岩場でのトレッキングポール使用は危険ですが、四つんばい状態で登る場合に体を起こす力のない人は、テコ代わりになるので有効だとする考え方もあります。いづれにしても岩場でトレッキングポールを利用する場合は、くれぐれも注意してください。

上空が開けてくるとイワカガミの群生に出会えるかもしれません。足元を注意してみましょう。「頂上まで5分」の看板が見えたら、ひと息で山頂です。山頂は広く大小の石が敷き詰められたような状態です。ほぼ中央に小さな鳥居が立ち、その先に展望盤が設置されています。展望は360度。北アルプス、南アルプス、八ヶ岳の峰々が見えています。展望盤が立つところからは白樺湖が見えています。たっぷり山頂を楽しんだら往路をゆっくり戻りましょう。