南アルプス 深南部/安部奥 登山ルート

黒法師岳 水窪ルート

戸中山林道入口~黒法師岳登山口~ヤレヤレ平~等高尾根下降点~黒法師岳

技術レベル: B
体力レベル: 5
難易度: ★★★

黒法師岳への登山で最もアプローチが短いルートになります。それでも林道の駐車場から黒法師岳登山口へはたっぷり距離があります。林道は峡谷と言うにふさわしく、川まで100メートル以上切れ落ちる場所もあり、それだけでも十分にアルプスの趣です。登山道は南アルプスらしく倒木や苔の美しさが見受けられ静かで味わい深い道が続きます。
登山道へ入ると水場は無く、事前の装備を多めにするようにしてください。

●登山データ

日程: 日帰り
歩行時間: 10時間30分(登り6時間/下り4時間30分)
歩行距離: 約21 km
登り累積標高差: 1,831 m

林道の最新情報は必ず確認してください。
※ お問合せ先 天竜森林管理署 水窪森林事務所TEL 053-987-0616午前8時~9時 午後4時~5時

林道駐車場

標高 596m

↓ 30分

戸中山林道入口

標高 640m

↓ 1時間50分

黒法師岳登山口

標高 1026m

↓ 1時間30分

ヤレヤレ平

標高 1498m

↓ 45分

市川戻り

標高 1786m

↓ 50分

等高尾根下降点

標高 1937m

↓ 45分

黒法師岳

標高 2068m

↓ 35分

等高尾根下降点

標高 1937m

↓ 2時間15分

黒法師岳登山口

標高 1026m

↓ 1時間55分

林道駐車場

標高 596m

ルートガイド

天竜川水系のダム、水窪ダムからクルマで20分ほど進むと林道の駐車場に出ます。ここに1つ目のゲートがあります。
車を停めて林道を歩きはじめます。30分ほど歩くと2つ目のゲート戸中山林道入口に出ます。1つ目のゲートが空いていればここまでクルマで入ることもできますので、管理所に問い合わせた方が良いでしょう。
天竜川水系も奥へ分け入ると深山幽谷、林道から川岸までの標高差は目が眩むほどの高さとなり、驚くほど深い峡谷を刻みます。初夏の新緑、秋の紅葉時期は特にお勧めです。
近辺の林道は毎年台風が来るたびに被害が出てしまい、この林道も歩き進めると山が崩落している様子を垣間見ることができます。あらためて林道を維持する関係者の方々のご苦労が偲ばれます。
登山道に入るといきなりの急登がしばらく続きます。この等高尾根は短い距離の間で一気に700mの標高を上がる尾根で、深南部とは言え、南アルプスの一部であることを思い出させてくれます。またこの稜線歩きはいかにも深南部らしい登山道で、決してきれいに整備がされているわけではありませんが、倒木や苔むした木々が折り重なり、自然に近い道として味わい深いものがあります。
丸盆岳との分岐稜線手前は弁当転がしという急坂の難所核心部です。
ポールなど落とさないように注意してください。ここを頑張るとようやく稜線に出ます。

そしてこの稜線ではハッとするような富士山の素晴らしい眺望を目の当たりにします。
視界が広がる稜線前半は笹薮の中を進むルートとなりますので、見誤らないよう足元を注意して進みます。最後の急登を経てバラ谷の頭への分岐を左へ折れると標高2068mの山頂。残念ながら山頂部だけは視界が十分ではありません。落ち着いて座るようなスペースもありませんが、ここが300名山日本最南端2,000m峰となります。三等三角点が他の山とは少し違うようですが興味がある人は確かめてみてください。往復は10時間を超える登山ルートとなりますので、下りの時間配分も十分考えた上で登りましょう。