北岳 登山ルート

白根御池小屋ルート

①広河原~白根御池小屋分岐~白根御池小屋~小太郎尾根分岐~北岳肩ノ小屋~北岳~北岳肩ノ小屋~小太郎尾根分岐~白根御池小屋~広河原

技術レベル: B
体力レベル: 5
難易度: ★★★

白根御池小屋から樹林帯を急登して、
山頂に繋がる快適な尾根道に乗ります。

●登山データ

日程: 1泊2日
歩行時間: 10時間45分(登り: 6時間25分、下り: 4時間20分)
歩行距離: 10.9 ㎞
登り累積標高差: 1,758 m

広河原

標高 1,520m

↓ 25分

白根御池小屋分岐

標高 1,590m

↓ 2時間10分

白根御池小屋

標高 2,236m

↓ 2時間30分

小太郎尾根分岐

標高 2,890m

↓ 30分

北岳肩ノ小屋

標高 3,000m

↓ 50分

北岳

標高 3,193m

↓ 40分

北岳肩ノ小屋

標高 2,843m

↓ 20分

小太郎尾根分岐

標高 2,890m

↓ 1時間30分

白根御池小屋

標高 2,236m

↓ 1時間50分

広河原

標高 1,520m

ルートガイド

広河原でバスを降りたら、ゲートを越えて北沢峠方面へわずかに歩きます。すぐに野呂川に架かる橋を渡ります。広河原山荘の左側から大樺沢の左岸をわずかに詰めると白根御池小屋分岐です。左は大樺沢から北岳に向かう道ですが。ここを右にいきます。最初は沢を眺めながら進みます。しばらく歩くと、尾根上の道を登るようになります。勾配がある道です。階段状に造られた箇所や木の階段が現れます。すべて登りです。展望には恵まれない樹林帯の道です。これといって目標になるような物はありませんが、標高1,880mの第一ベンチと標高2,160mの第二ベンチが休憩ポイントになります。この区間の歩行時間を2時間10分。と設定しましたが、テンポよく歩くことができれば1時間40分くらいでクリアできます。崩壊地に辿り着けば白根御池小屋に到着します。ここから山頂に繋がる稜線までは2時間30分の急登が続きます。小屋前の広場で少し休憩していきましょう。バットレスや八本歯の稜線が眺められます。

白根御池小屋から標高差650mを登ります。急坂の連続なので、草スベリともいわれています。しかし、登山道は整備されています。「登る」という意識をはっきりさせれば、意外に極端な疲れを感じることなく登りきることができます。疲れたら立ち休みを繰り返して頑張りましょう。小太郎尾根分岐で小太郎尾根に乗ることになります。ここで左に進路を取ります。広く安定した尾根道で展望にも優れています。前方には肩ノ小屋上部から北岳に向かう道。後方には甲斐駒ヶ岳などが見えています。また、お花畑も広がり、シナノキンバイやハクサンイチゲなどを鑑賞することができます。展望と高山植物を楽しみながら歩けば北岳肩ノ小屋に到着します。今夜はこの小屋に宿泊しましょう。

翌日はなるべく夜明けには山頂に向かいます。必要のない物は小屋に置いていきましょう。岩稜線を歩きます。左に大きく分岐した辺りから北岳の山頂が見えています。山頂に立つ人の姿も確認できます。焦らずに、岩稜線を詰めていけばすぐに北岳山頂に到着します。山頂は岩山ですが、意外に広く休憩場所には困りません。富士山や南アルプスの山々が眺められます。下山は肩ノ小屋で荷物をピックアップして往路を戻ります。