常念岳 登山ルート

三股、蝶ヶ岳ルート

②三股登山口駐車場~まめうち平~蝶ヶ岳・蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶槍~常念岳~前常念岳~三股登山口駐車場

技術レベル: B
体力レベル: 5
難易度: ★★★

1泊2日で楽しむ常念岳。一ノ沢ルートとは異なり、蝶ヶ岳からは長い稜
線歩きが楽しめ、天気がよければ絶好のロケーションが広がります。

●登山データ

日程: 1泊2日
歩行時間: 15時間15分(登り: 9時間25分、下り: 5時間50分)
歩行距離: 16.0 km
登り累積標高差: 2,124 m

三股登山口駐車場

標高 1,350m

↓ 2時間20分

まめうち平

標高 1,916m

↓ 2時間40分

↓ 55分

蝶槍

標高 2,665m

↓ 3時間30分

常念岳

標高 2,857m

↓ 1時間

前常念岳

標高 2,661m

↓ 4時間50分

三股登山口駐車場

標高 1,350m

ルートガイド

登山口の三股まではマイカーか大糸線豊科駅からタクシーを利用。駐車場のゲートをくぐって登山道を歩き始めます。前常念岳から下ってくる登山道と合流するところが三股登山口です。ここを直進します。少し登り勾配の強い道を進みます。沢沿いの道から尾根道を登るようになります。呼吸のリズムで登るようにしましょう。まめうち平でいったん傾斜は弛みますが、すぐに急登になり常緑針葉樹林を登るようになります。急登が続きますので、適当に5分くらいの休憩をしながら登るようにしましょう。稜線に乗ったら、すぐ前に蝶ヶ岳ヒュッテが見えてきます。手前が蝶ヶ岳の山頂です。ここから展望のいい稜線歩きが始まります。今夜は蝶ヶ岳ヒュッテに宿泊して、夕日に染まる北アルプスの山脈風景を楽しみましょう。

翌日は早々に出発。2,664mのピークを過ぎたら蝶槍の西側を巻いて進みます。高山植物に恵まれた道です。小さなアップダウンを繰り返して行きます。岩と砂礫が混じり合う道です。北アルプスの主脈を眺めながらの登山道です。蝶ヶ岳までの急登のご褒美ですね。立ち止って存分に楽しみましょう。2,512mのピークを越えます。この先で登り勾配が増してきます。浮いた石に注意しながら歩くようにしましょう。ここを登りきれば常念岳の山頂に到着します。山頂には岩が折り重なり広くはありません。小さな祠が祀られ展望があるだけですが、展望は申し分ありません。槍ヶ岳を先頭にした穂高の山並みが目の前に見えています。目を凝らすと喜作新道に建つヒュッテ西岳が見えていました。

存分に眺めを堪能したら、前常念岳から三股登山口に下ります。だだし、急勾配の下りが続きますので、疲れを感じる前に休憩するようにして歩きましょう。ハイマツ帯や岩場を下ります。途中にかつてあった常念小屋に向かう道跡がありますが、廃道になってかなりの年月が経過していますので絶対に踏み入らないようにしてください。1時間ほどで前常念岳に到着します。一等三角点の山ですが、岩が折り重なる荒々しい雰囲気の山頂です。一段下に石室があります。ここで休憩するのもいいでしょう。前常念岳から大きな岩が重なる斜面を下るようになります。道はザレているので慎重に下りましょう。目印になるのは岩に付けられたペンキマークです。アルミのハシゴを下ると樹林帯に入ります。大きな木の根が露出した森のようなところをひたすら下ります。本沢が増水した時の迂回路との分岐を過ぎれば三股登山口はあと少しです。