聖岳 登山ルート

易老度ルート

③芝沢ゲート~易老渡~西沢渡~薊畑~聖平小屋~聖岳~薊畑~西沢渡~芝沢ゲート

技術レベル: C
体力レベル: 8
難易度: ★★★★

聖岳山頂に最も早く辿り着けるコース。
1泊2日の日程で楽しもう。

●登山データ

日程: 1泊2日
歩行時間: 17時間50分(登り: 10時間35分、下り: 7時間15分)
歩行距離: 30.0 km
登り累積標高差: 3,335 m

芝沢ゲート

標高 710m

↓ 1時間30分

易老渡

標高 880m

↓ 1時間15分

西沢渡

標高 1,100m

↓ 4時間30分

薊畑

標高 2,400m

↓ 25分

聖平小屋

標高 2,265m

↓ 2時間55分

聖岳

標高 3,013m

↓ 1時間30分

薊畑

標高 2,400m

↓ 3時間

西沢渡

標高 1,100m

↓ 2時間45分

芝沢ゲート

標高 710m

ルートガイド

芝沢ゲートから林道を歩きます。だらだらと登る道です。易老渡で右から登山道が下ってきます。易老岳からの道です。この道を右に見ながら直進します。すぐに便ヶ島広場です。傍らに建つ聖光小屋は休業中です。林道を進み小さなトンネルをくぐります。林道は森林軌道跡で、等高線に沿うようにして斜面を巻いて登ります。ふたつほど橋を渡ると西沢渡に到着します。西沢を小さな橋で渡ります。水量が多い場合はワイヤーロープウェイと名付けられた篭渡しを利用しましょう。西沢を渡ると、急な尾根道を登るようになります。ザレ気味の道ですが、比較的安定しています。次第に路面は安定してきますが、勾配は強く展望のない登りに飽き始め頃にやっと薊畑に到着します。ここにザックをデポして聖岳を往復する人たちも多いですが、そのまま聖平小屋にチェックインしましょう。

翌日は早朝に出発します。薊畑まで戻り聖岳を目指します。丈の低いダケカンバの林を抜けると森林限界を超えて砂礫やハイマツの道になります。展望も開けて上河内岳や茶臼岳のどっしりとした山容に目を魅かれます。小聖岳に乗ると、正面に大きな聖岳が立ちはだかるように屹立しています。ここから少し下って聖岳本体の登りにかかります。砂礫地にはイワツメクサやシコタンハコベ、トウヤクリンドウなどが咲いています。ジグザグに登ります。呼吸が乱れたら立ち休みを繰り返して登るようにしましょう。やっとのことで着いた聖岳山頂は東西に細長く、赤石岳や塩見岳、仙丈ヶ岳などが見えています。また、左側には北アルプスや中央アルプスのロケーションが広がっています。ゆっくりと展望とお弁当を楽しんだら、往路を芝沢ゲートまで戻りましょう。下りではついついスピードが出てしまいます。そうならないようにセーブして下りましょう。