中央分水嶺トレイル Region A ルートガイド

長門牧場から大門峠へ

Region A:長門牧場から大門峠へ

技術レベル:B
体力レベル:2

蓼科山の美しい山容を目にしながらも、
コースの大半は森の中を歩くルートです。

●ハイキング データ

日程 日帰り
歩行距離と時間:約9.8Km牧場と森のハイキング、 4時間20分~
最高標高:1,570m
最低標高:1,320m
標高差:250m

長門牧場 

標高 1410m

↓ 60分

牛首遺跡

標高 1505m

↓ 40分

女神湖

標高 1550m

↓ 50分

用水路

標高 1440m

↓ 40分

本沢

標高 1320m

↓ 50分

高和良比

標高 1504m

↓ 15分

大門峠

標高 1441m

ルートガイド

白樺湖から立科町のバスに乗車し、長門牧場で降車、バス道路から外れ少し下ったところに牧場の入口があります。この長門牧場がロングトレールの起点となります。長和町の設置した「中央分水嶺」道標があります。
スタートして牧場の道に出ると、蓼科山の美しい山容を目にすることもできます。
広大な牧場の先まで歩き、道標に沿って進むと今度は一転して静かな森の中となります。更にしばらく歩くと牛首小屋跡に出ます。江戸時代に用水堰が開削され、その管理を集落で行っていた遺跡です。その後高圧線の下をくぐり1,570mのピークを過ぎて歩いていくとサッカーグランドの横に出ます。一旦舗装路に出ますが、女神湖高原学園の手前を右に入る道標があります。
林道をまっすぐ行き、その先で直角に右に折れます。しばらく進むと今度は折り返すように左へ。
長和町が設置している標識を参考にしながら進んでいきます。用水路を経て本沢へ至ります。ここから先はこのルート唯一の急登となり、ピークとなる高和良比を過ぎると大門峠までは緩やかに下ります。
ルートはもっぱら森の中となり、森林整備道など入り組んだところもありますので、迷わないようにご注意ください。